臨床心理士が都内の踊れるクラブに行く人間の心理的働きについて説明した

臨床心理士の話は示唆にとんでいていつも面白いです。
今回、耳にした話は、都内の踊れるクラブに行く人間の心理的働きについてです。
クラブに行く人は、解放感を求めているようです。
日常生活では感じることができない雰囲気をおススメのクラブに求めているのです。
この気持ちは自分にもあるので、臨床心理士の説明に納得できました。
踊れるクラブだけでなく、たまにはしっとりとしたクラブもいいものです。
この雰囲気の違いこそが、人間心理のふたつの側面を表していると考えています。
今は踊れるところに行きたいので、自分の本当の気持ちは解放されたいのでしょう。
臨床心理士が話したクラブの内容を聞いていて、そんなことを考えています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です